Yahoo!ニュースで見たくない記事を非表示にする方法


Yahoo!ニュースでは必ずしも自分のためになる記事ばかりが掲載されている訳ではありません。

中には「芸能人が高級車を購入した」「有名女優が〇〇コーデを披露してフォロワー絶賛!」などの誰の得にもならない無意味な記事が溢れかえっているのが事実です。

「興味がなければ見なければいいジャン。」と思いますが、サイトを下へスクロールすると否が応でも目に留まるんですね(笑)。

そんな時に興味半分で記事を閲覧するのですが内容のないスカスカな記事ばかりで読むだけ無駄です。

いらない記事をブロックできないのかな?

イカ郎

実は見たくない記事を非表示に出来る方法があるので紹介していきたいと思います。

注意点が2点あるので気を付けてください。

  • 使用するブラウザはGoogle Chrome限定
  • スマホでは非表示にできない

「Y!News Excluder」というGoogle Chromeの拡張機能を追加するだけ

Google Chromeの拡張機能の「Y!News Excluder」を追加するだけでYahoo!ニュースで見たくない記事を非表示にすることが出来ます。

マジか!

イカ郎

ただし使用するブラウザはGoogle Chromeに限定されます、Microsoft Edge やMozilla Firefox等の他ブラウザでは利用できないので注意が必要です。

以下のページ(chrome ウェブストア)へアクセスして「Y!News Excluder」を追加してやります。

Y!News Excluder

chrome ウェブストアの「Y!News Excluder」ページで右側にある「chromeに追加」ボタンを押して下さい。

「Y!News Excluder」ページで右側にある「chromeに追加」ボタンを押す

「Y!News Excluderを追加しますか?」と問われるので「拡張機能を追加」をポチャっと押せばOKです。

「拡張機能を追加」クリック

「Y!News Excluder」ってどうやって使うの?

それでは早速「Y!News Excluder」を使ってウザい記事をブロックしていきましょう!

サクッと出来るのかな?

イカ郎

最初にGoogle Chromeを起動後「Yahoo! JAPAN」にアクセスしてページ右上にある「拡張機能」を押すとメニューが開くので「Y!News Excluder」を見つけてクリックして下さい。

ページ右上にある「拡張機能」を押すとメニューが開くので「Y!News Excluder」を見つけてクリック

下の画像の様なBOXが出てくれば準備完了です。

BOXが出てくる

続いてYahoo!ニュースを閲覧していき、これはウザいな~いらないな~と感じる記事のキーワードをコピーします。※配信元名でも可。

以下の場合では「川崎麻世」あるいは「ENCOUNT」どちらでも非表示にできます。※「ENCOUNT」を選択すると配信されるすべての記事が非表示になります。

「川崎麻世」あるいは「ENCOUNT」どちらでも非表示にできます

コピーしたキーワードを先ほどのBOXに貼りつけて更新ボタンを押します。

キーワードをBOXに貼りつけて更新ボタンを押す

更新ボタンを押すと指定したキーワードが含まれている記事が非表示になりました。

更新ボタンを押すと指定したキーワードが含まれている記事が非表示になった

Good Job!

イカ郎

「PR」も非表示に出来る

Yahoo!ニュースの掲載記事一覧の間には「PR」や「広告」などの広告が組み込まれています、この広告もかなりウザいですね。

この「PR」や「広告」も非表示に出来るのか試してみたところ「PR」は非表示になりましたが「広告」は消せませんでした。

「PR」が消えるだけマシかな?

イカ郎

最後に

Yahoo!ニュースで興味のない記事や芸能人の自慢記事などはGoogle Chromeの拡張機能に「Y!News Excluder」を追加してサクッと非表示にしてしまいましょう!

いらない記事を非表示にするのでストレスなくニュースの閲覧が可能になります、また「PR」と題した広告も消せるのでスッキリします。

注意点として以下の2点を気を付けておきましょう。

注意点
  • 使用するブラウザはGoogle Chrome限定
  • スマホでは非表示にできない

スマホの場合はYahoo!ニュースの代わりにスマートニュース
Googleニュースなどを利用すれば良いと思います。

2 COMMENTS

m,k

紹介と詳しい説明ありがとうございます
素晴らしい機能ですね
Yahoo!ニュースが快適にみれます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です