Amazonを騙る迷惑メールが多すぎる!【見分ける方法はたった1つ】

Amazonを騙る迷惑メールが多すぎる!【見分ける方法はたった1つ】

最近頻繁にAmazonを騙った迷惑メールが届くようになりました。

詐欺メール「お支払い方法の情報を更新」

  • お支払い方法の情報を更新
  • サインインが検出されました
  • ご注文の確認
  • お客様のプライム会員資格がキャンセルされます

これらはフィッシング詐欺と呼ばれ、銀行・クレジットカード会社・ECサイトを装った第三者が偽のメールで偽のサイトに誘導してクレジットカード番号等の個人情報を盗むのが目的です。

僕のところに届いた詐欺メールの内容

お支払い方法の情報を更新

詐欺メール「お支払い方法の情報を更新」

こちらのメールは送信者のアドレスが<gxks@nhx.net>となっているのですぐにフィッシング詐欺と分かりました。

また「会員資格が2020/06/09に更新を迎えます」となっていますが、メールが届いた日にちは2020/08/11です。

過ぎてますね(笑)。

イカ郎

基本的に自分はAmazonプライムの会員では無いので騙される事はありません(笑)。

試しに「支払い方法の情報を更新する」のリンクを踏んでみたところ「偽のサイトにアクセスしようとしています」とchromeが警告してくれました。

詐欺メール「偽のサイトにアクセスしようとしています」

あぶねーなー。

イカ郎

ちなみにリンクをクリックする前にマウスカーソルを当てるとリンク先のURLが一目で分かります。

詐欺メール「マウスカーソルを当てるとリンク先のURLが一目で分かる」

リンク先がAmazonのURLではないのが分かりますね、この辺りでフィッシング詐欺かどうかを見分ける事が出来ると思います。

サインインが検出されました

詐欺メール「サインインが検出されました」

「サインインが検出されました」とは、「誰かがあなたのアカウントを使ってAmazonにログインしたのでID情報を更新してね。」という感じのフィッシング詐欺ですね。

いかにもアカウントが乗っ取られたという様なメールですね。

イカ郎

こちらのメールも「支払い方法の情報を更新する」のリンクにマウスカーソルを当てると、Amazonから送られてきたメールかどうかが分かります。

ご注文の確認

詐欺メール「ご注文の確認」

こちらのメールはAmazonで商品を購入した時に届くメールの偽物です、本物とそっくりに作られているのでパッと見た感じでは区別がつきません。

これはさすがに見分けがつかないな。

イカ郎

Amazonから届く本物のメールには購入者の名前が記載されています。

Amazonから届く本物のメールには購入者の名前が記載されている

その他の確認方法では、Amazonの購入履歴を見れば本当に注文したのかどうかがわかりますね。

お客様のプライム会員資格がキャンセルされます

詐欺メール「お客様のプライム会員資格がキャンセルされます」

こちらのメールはAmazonプライム会員資格がキャンセルされるといった内容の詐欺メールですが、クレジットカードの有効期限が切れているの更新するように促されます。

Amazonのサイトトップページの「アカウント&リスト」→「お客様の支払い情報」と進むとクレジットカードの有効期限が確認できるので、メールのリンクを踏まずにAmazonのサイトから確認を行いましょう。

【結論】怪しいメールは開封しない

結論的に言うと、Amazonから届く怪しいメールは開封しないのが一番です、開封しなければフィッシング詐欺にあう確率はゼロになります。

怪しいメールが届いたら未開封のまま削除すれば良いと思います。

開封してしまったらどうするんだ?

イカ郎

メールを開封してしまった場合

メールを開封しただけならウイルス等に感染する事は無いと思いますが、リンクをクリックしてしまった場合などはウイルス駆除ソフトを使ってウイルスキャンを行った方が良いですね。

ログイン情報やクレジットカード情報を入力してしまった場合

Amazonのログイン情報を入力してしまった場合は、Amazonでログインパスワードの変更を行いましょう。またクレジットカード情報を入力してしまった場合はクレジットカード会社に連絡をして停止措置を行って下さい。

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールを確実に見分ける方法

Amazonを騙るフィッシング詐欺メールを確実に見分ける方法があります。

何!

イカ郎

Amazonの公式サイトへアクセスして「アカウントセンター」→「メッセージセンター」と進むとAmazonから送られてきたメール一覧が確認できます。

Amazonメッセージセンター

Amazonからのメールはここで確認できるので、もし怪しいメールが送られてきたら公式サイトを確認すれば確実に詐欺メールかどうか見分けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です